スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクコストの切り捨て

 
 
 火力発電所

地震により火力発電所も大ダメージで、夏までだけではなく、この冬にも計画停電は及ぶとの見方が出ています。

コチラ

 弊店でも、地震前に発注していた設備什器が停電等で生産出来ず、やっとこの25日に到着する段取りになったところです。私の店は計画停電とは関係のない地域ではありますが、我々経営者にとっては「電力の安定供給が出来ない場合、仕事が成り立つのか?」という話が頭をよぎります。

 ガソリンは潤沢にあるので、自家発電機を備えつければ大丈夫でしょうが、ビルの一角を借りてオフィスを持っているような、自家発電機を勝手につけられない場所等で仕事をしている経営者はどうなのでしょうか?
経営者に必須条件として考えている事の一つに、「サンクコストの切り捨てが決断できるか」という事が御座います。



【サンクコストとは?】

 サンクコストとは、「埋没費用」・・・投資したのに回収できない費用とお考えください。

ウィキの説明がが分かりやすいので引用しますと、

 1800円で買った映画のチケットを無くしてしまった

  ここで取る方法は?

 ①再度1800円のチケットを購入し、合計3600円支払うことで映画を楽しむ
 ②無くしたチケットは諦めて、2時間の時間を別の事に使う

無くしたチケット代1800円…どうしても取り返しが出来ない費用…、「サンクコスト」と言います。




 株の取引の話でもよく引き合いに出されますね。今日は下がったけど、この株は上がるはず、上がるはず…と、ズルズル損をすると。今まで事業に投資した費用をあっさり諦める事ができるか?この決断力が出来るかできないか…これが経営者に必要な決断力だと思います。損切りを確定させる…この決断力は大切です。

 中国に誑かされた役人やマスコミの口車に乗せられ、人件費で頭いっぱいになってカントリーリスクを無視し、中国に工場の投資をした愚かな大企業が沢山あります。その結果は言うまでもありません。技術だけ盗まれ、結果的に自分の首を絞めましたね。ワイロ横行の現状や、国策ストなどの国民性を見誤った事を素直に認め中国に投資を工場等をあっさり売却できるか?引き上げをできるか?こういった話を基にサンクコストの切り下げる重要性を説いておりました。

 【さっさと引っ越し】

 今現在、ネットと頭を使えばいくらでもビジネスチャンスは転がっています。電力供給の不安定な関東に要る必要もありません。一極集中の弊害を避け、思い切って本社、営業所を一時期移転させるのも、一つの方法ではないでしょうか。現在の企業にとってパソコンが使えなくなったり、サーバーが止まったりする事は、致命傷にもなりかねません。IKEAのように拠点を迅速に関西に移すのは賢明な判断だと考えます。

 【農業…日本人として無念】

 残念ながら、「実被害」及び「風評被害」で、北関東、原発周辺域の農業は壊滅です。厚生労働省が「赤ちゃんに飲ませるな」と言う程、水が汚染されていますので、それを吸った植物は…。 ひまわりは放射能で汚染された土壌を9日でキレイに出来るとの事です…ソースはこちら土壌汚染を浄化する驚異のヒマワリ!

 冷静に考えなければならないのは、その吸収した汚染物質はヒマワリに取り込まれるわけですよね。植物ではヒマワリだけが放射性物質を取り込むのか?取り込みの度合いの差はあれ、他の植物も吸収するのでは…と考えるのが自然です。

 産地偽装をして市場に出す…、怪しい業者に安く買い叩かれ冷凍食品などに使われる…
まともに商売になるのかといえば…いばらの道のような気が致します。

 勿論、頭を使って今までの事業を継続させていくことも大事です。しかし、今までの費用をサンクコストとして考え、その土地を何か違うことに使う事も、一つの選択であると思います。商売というのは、最初にレール敷いた奴が強いのです。地方自治体が率先して行動する…広さを生かし中間処理施設を受け入れる、六ヶ所村の様に廃棄処理施設に使う…オーランチオキトリウム栽培プールにする等…どうなんでしょうかね。

 いずれにしても国が折れるほどの由々しき事態…。個別補償など痴れています。国は家族を守ってくれません。首を吊ってからでは遅いのです。目をそむけたくなる現状ですが、目をつぶって復興までの夢を見ているのではなく、しっかり目を開けて厳しい現実をとらえ、今からの生き方を考えて行くのも一つではないでしょうか。



 ※ あくまでも私の考え方であり、他人様の意見を否定している訳ではありません。
  お一人お一人様の意見はそれはそれで正しいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

プロフィール

鋳物堀 田吾作

Author:鋳物堀 田吾作
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。